クリックして⬆︎所在地情報などを見る。


⭐️ スタッフ募集のお知らせ。⬅︎クリック


🔴受付時間 10:00 〜 19:00

🔴定休日  火曜日と水曜日

完全予約制ではございません。ご予約なしでも受付いたします。

🔴電話      027-386-5070


 緊急事態宣言解除後の当店の安全対策につきましてこちらから。


Wise Eyes税込価格です。✨

植物100%草木染めヘアカラー専門店。

髪を傷めないハイパートリートメントヘアカラー専門店。

艶やかな仕上がりのハイパートリートメント縮毛矯正専門店。

美容室WISE EYES LANA 南大類のインスタグラムです。

ヘアスタイルはもちろん!

いろんなものを投稿しています。

 

よろしくお願いいたします。

 

WISE  EYESとしてのこだわり:カット

 

私たちは、ヘアスタイルに応じ、ドライカット、ウェットカットを技術的に使い分け、または両方を用います。

ドライカットはナチュラルで感覚的なスタイルには向いてはいますが、カッティングの正確性がないことが最大の欠点です。

ウェットカットは歴史があり、モード系からカジュアルまで幅広く用いられていますが、仕上がりはその美容師の力量とセンスに委ねられ、カッティングの正確性がはっきりと顕れます。

私たちは、モード系スタイルで培ったウェットカットで正確に整えられたヘアスタイルに、プラスアルファのナチュラルドライカットを加える、また、ドライカットされたスタイルをもう一度ウェットで確認し、お客様がご自宅でのお手入れのしやすい、スタイルの再現性が高いよりセンシティヴなカッティングを表現しております。

WISE  EYESとしてのこだわり:草木染め

🔵

草木染めヘアカラー

植物100%で髪や地肌、地球にも優しい草木染めヘアカラーです。ヘナはもちろん、インディゴ紫の根、ハイビスカスなど様々な植物染料を混合して、貴女だけのオリジナルな色彩で染めあげます。白髪染めなどに適しています。

 

🔵

ナチュラル・ヘナ

ハイクオリティなナチュラルヘナ。白髪を落ち着いたオレンジ色に染めあげます。

ケミカル合成ヘナではございませんので、オレンジ色のみです。

白髪染めなどに適しています。

 

🔵

アーユルヴェーダ

淡い色が特徴のAyurveda Treatment です。草木のトリートメント成分が髪をツヤやかに、そして香りが貴女を優しく癒してくれます。白髪染めには対応しておりませんが、アクセントカラーとしてご利用いただけます。

アクセントカラーの場合には毛髪状態の条件がございます。ご相談ください。

 

 

 


WISE  EYESとしてのこだわり:ハイパートリートメントヘアカラー

ヘアカラーをすると傷む

これが以前の常識でした。ハイパートリートメントヘアカラーは、そんな常識を覆す新しい発想のヘアカラー。巷には、さまざまなダメージ軽減ヘアカラーや低刺激ヘアカラーが存在します。それらはヘアカラーのメーカーが作った商品をただ使用しているだけです。

WISE  EYESでは、信頼のおける研究所とともに探究し、信頼のおけるファクトリーで作成された、全く新しいオリジナルトリートメントを開発いたしました。

ハイパートリートメントとは、天然成分を主原料に多種多様のミネラルを多く含み、髪をダメージから守ります。また、化学薬品や防腐剤も使用せず、誤って口に含んでしまったとしても全く無害なので安心です。

防腐剤を含まないということは、冷暗所での保存、使用期限が設定されており、保存期限が過ぎたものは廃棄されます。

全くのオリジナル製品ですので、WISE  EYES以外では、取り扱っておりません。

つやつやのストレートヘアは勿論、写真のようなパーマスタイルのヘアカラーでも紙に傷みを感じることはありません。

もし、既にダメージを大きく受けてしまった髪には、ほかに毛髪修復トリートメントをご用意してございます。ハイダメージの髪には毛髪修復トリートメントをお勧めいたします。必ずご満足いただけます。

よくあるご質問

WISE  EYESとしてのこだわり:そのほかのヘアカラー草木染め

髪に立体感を持たせるウィービング・スタイル。自分の髪色を活かしてのアクセントカラー、また、ヘアカラーのダブルアクセントができます。

ライトブリーチにラズベリーレッド(ヘナ + 草木染め)をダブルカラー。過激に個性的に「鬼滅の刃」錆兎(さびと)の髪色を意識してみました。


私たちの身の周りの草木花木には、様々な香りと色彩の癒し効果が潜んでいます。私たちは、そんな草木花木の持つ不思議で偉大な力を髪の健康に活かすため、研究や開発に努力を惜しみません。

WISE EYES は植物には、まだ計り知れないパワーがあると考えています。これからも進化し続ける植物染料にどうぞ、ご期待ください。